エムズ・ウイスキー・ダイアリー アビン・ジャラク 3年熟成シングルモルト
Whisky topics covered by M's Bar
【カレンダー】
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

IMG_0398.JPGアビン・ジャラクの3年熟成シングルモルトを購入してみた。価格は驚くなかれ、1本150ポンド(≒18,000円)。しかも容量は500ミリリットルで、46%に加水されている。やや相場を逸脱したボッタクリに近い値段だとは思うが、好奇心に負けてしまった。ただ、それなりに手のかかっていそうな木箱(チーク材)に収めらていて、同蒸留所の強い意気込みが伝わってくる。が、それにしてもだ。同時期にリリースされたグレングラッソのザ・ファースト・カスク3年の90ポンドが、なんだかリーズナブルに感じられ思わず苦笑してしまった。

上の画像は、左の2本が熟成が3年に満たない、いわゆるスピリッツ。40%に加水されている。蒸留所の説明によれば、わずかな期間ヨーロピアンオークのシェリー樽に詰めておいたらしい。“わずかな期間”がどれだけなのかは公表されていないが、液体の色の濃さはやや不自然な気もする。多少はカラメルで着色されているのかもしれない。またノンチルフィルタリングであるため、かなり濁っている。健康を害するのではないだろうかと、不安になるくらいのレベルだ。もちろんテイスティングはしたが、コメントは控えておこうと思う。なおウイスキー専門家のゲヴィン・D・スミス氏らのテイスティングノートが、ここに載っている。評価の星3つ半には正直目を疑った。

さて右端のもっとも色の薄いのが、この中でもっとも長熟な3年物のシングルモルトウイスキーだ。シングルカスクでノンチルフィルタリング、ノンカラーリングとなかなかのスペックだが、46%に加水されている点だけは残念である。以下はテイスティングノートだ。

アロマ:
ローランドモルトを思わせる、すっきりとした甘さ。ユーカリオイル、
スペアミント、軽やかな潮風、大麦のもろみ、段ボール、森林。
フレーバー:
香りから想像できる味。やや粉っぽいテクスチャーが舌に残る。
ミントキャンディ、駄菓子屋のチョコレート、安物のグラッパ、落雁。
フィニッシュ:
すばやくフェードアウトするが、ピュアな心地いい甘さ。

風味の似ているシングルモルトを挙げるとすれば、若いリトルミルだろう。今後熟成を重ねることで、どのように変化していくのか興味深い。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
【プロフィール】
HN:
MUNE
HP:
性別:
男性
自己紹介:
 1998年、ウェブサイト『M's Bar』を開設。2005年、ウイスキー専門誌『THE Whisky World』の発足メンバーとして参加、現在同誌にてテイスティングコメントや記事を連載中。また昨今はウイスキー関連のイベントでウイスキーアドバイザーを務めるかたわら、楽天市場ラウンジのウイスキー・ショッピングソムリエ・ブログの執筆にも勤しむ。著書に、サイエンス・アイ新書『うまいウイスキーの科学』がある。
【ブログ内検索】
【ランキング】
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

Copyright © 1998- Muneyuki Yoshimura. All rights reserved.