エムズ・ウイスキー・ダイアリー オールドボウモア Cask No.6636
Whisky topics covered by M's Bar
【カレンダー】
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

bowmore6636.jpg先日、神保町の“Bar1969”でオールドボトルのボウモア、Cask No.6636 for SANDRO MONTANARI のテイスティングをさせていただいた。このボトルは、イタリアの伝説的なウイスキーコレクターであり、バーマンでもあった故エドアルド・ジャコーネ氏(1928-96)のいわゆるジャコーネ・ボウモアとは樽違いのもの。

サンドロ・モンタナリ氏もイタリアでは著名なウイスキー収集家であり、イタリア人コレクターの「ビッグファイブ」に数えられる。ちなみにあとの4人は、ジュゼッペ・ベニョーニ氏ミルコ・カサーリ氏ジョルジオ・ダンブロシオ氏、そしてコレクターたちのバイブル「THE BEST COLLECTION OF MALT SCOTCH WHISKY」を、かつて出版したこともあるヴァレンティノ・ザガッティ氏といった面々。

ジャコーネ・ボウモアは、彼の経営していたサロンバー「ウイスキーテカ (Whiskyteca, イタリア語でウイスキーコレクションやウイスキー展示館といった意味)」の20周年を記念して詰められたもので、樽ナンバーはと6634と6635とがある。1969年蒸留、1978ボトリングの若いボウモアだ。私は6634の方しか飲んだことがないが、フレッシュなグレープフルーツの風味が特徴的で、9年しか寝かせてないとは思えないほど熟成香が立っている。

今回いただいたモンタナリ・ボウモアも樽番号以外のスペックは同じで、仕上がりもジャコーネ・ボウモアに準ずる素晴らしいものだ。グレープフルーツと潮風が心地いいハーモニーを奏で、レモンキャンディのような甘酸っぱいフレーバーがたまらない。ボトリングされてから、20年以上経っているとは思えないほどコンディションもいい。わずかなひねは感じられるが、オールドボトルらしさが感じられ、私は好きだ。なおテイスティングノートは、当日同席させていただいたI氏のブログにも載っている。

なお神保町の“Bar1969”は会員制のバーだが、非会員でも入店OKだと店主はおっしゃる。もしご興味があれば案内させていただくので、お気軽にメールmixiメッセにてお知らせいただけたらと思う。

以下は同系統ボウモアの、ウェブで拾えた資料だ。テキストのみの資料もあり、実物と照らし合わせたわけでもないので間違っている箇所があるかもしれないが、参考にしてもらえたら嬉しい。

Cask No. Distilled Bottled Alc. Cask Label
color
Description
222 1968 1977 59.7
%
Sherry Cream Crested top
Limited edition of 280 bottles
Red cap
6634 1969 1978 58
%
Sherry Grey Special bottling
for the 20th anniversary
of Edoardo Giaccone's
whiskyteca at Salo
Limited edition of 300 bottles
6635 1969 1978 58
%
Sherry Grey Special bottling
for the 20th anniversary
of Edoardo Giaccone's
whiskyteca at Salo
Limited edition of 300 bottles
6636 1969 1978 58
%
Sherry Cream Bottled for Sandro Montanari
Bologna
Cream Bottled for Garbi Giancarlo
Cream Special bottling
for the 15th anniversary
of Monica Brothers
Parma
Cream Bottled for Bar Eden
Imola
Cream Bottled for Papa Noe
6638 1969 1978 58
%
Sherry Cream Bottled for Luigi Veronelli
Cream No name limited edition
of 300 bottles (?)
6639 1969 1978 58
%
Sherry Cream No name limited edition

追記:
テイスター山岡氏の5月9日付けのブログにも、テイスティングノートが掲載されている。



null
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
【プロフィール】
HN:
MUNE
HP:
性別:
男性
自己紹介:
 1998年、ウェブサイト『M's Bar』を開設。2005年、ウイスキー専門誌『THE Whisky World』の発足メンバーとして参加、現在同誌にてテイスティングコメントや記事を連載中。また昨今はウイスキー関連のイベントでウイスキーアドバイザーを務めるかたわら、楽天市場ラウンジのウイスキー・ショッピングソムリエ・ブログの執筆にも勤しむ。著書に、サイエンス・アイ新書『うまいウイスキーの科学』がある。
【ブログ内検索】
【ランキング】
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

Copyright © 1998- Muneyuki Yoshimura. All rights reserved.