エムズ・ウイスキー・ダイアリー フェイマス・グラウス37年
Whisky topics covered by M's Bar
【カレンダー】
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

70f3fbb9.jpeg毎年1月25日には、スコットランドの国民的詩人ロバート・バーンズの生誕を祝う「バーンズ・サパー」が、至るところで開かれる。今年は、ちょうど250周年なのだそうだ。

スコッチ業界も例年以上の賑わいを見せているが、その中でエドリントン・グループが記念ボトルとしてフェイマス・グラウスの37年物(バーンズは37歳の若さで死去している)を250本限定でリリースした。ちなみにこのフェイマス・グラウス、中身はブレンデッド・モルトだそうで、マスター・ブレンダーのジョン・ラムゼイ氏が1971年の最初に蒸留された原酒を厳選してヴァッティングしたものだとのこと。

john_byrne.jpgラベルにも手がかかっている。スコットランドの芸術家で劇作家としても知られる、ジョン・バーン氏の描いたロバート・バーンズの肖像画がプリントされているのだ。バーン氏はビートルズのレコードジャケットのイラストなども手がけたことがあり、本国での知名度はとても高い人物。

ただしこのボトルは、チャリティ・オークション専用の商品だという。そこで落札しなくては、実は入手できないのだ。順を追って説明すると、このフェイマス・グラウス37年を入手するためには、まずロバート・バーンズの生誕を祝うイベントを開催しなくてはならない。これは特に形式は問われず、プライベートなものでも問題ないとのこと。そしてそこで何らかのチャリティ・オークションを開く必要があり、それらの内容はwww.burnssupper2009.comにあらかじめ登録しておかなくてはならない。現時点で1,500ものイベントが世界中から登録されているという。なお競り値は、400ポンドからスタートせよとのことだ。

イベントの形式や、入札者の資格は確かに問われていない。しかし、手段と目的が逆転している後付けの慈善活動に、後ろめたさを感じないという図太さは要求されるようだ。登録はまだ間に合うので、その点に自信のある向きはぜひトライされたい。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Mさん、あけましておめでとうございます。
昨年の一字は「変」でしたが、ここんとこずーっと変なことばかり続いてるので、麻痺しつつあります。そういえば、異常気象って言葉も聞かなくなりました。
このチャリティーはどうなんでしょう。本当に慈善活動に参加するのであれば、流通しているフェイマスグラウスのプレミアムウイスキー1本につき、1ポンドが寄付されます、って謳った方が良い様に思ってしまいます。
商業活動は、儲けることも大切な要素なので、否定はできませんが、なんか、この後リリースするプレミアムウイスキーに箔を付ける為の伏線に見えないこともありません(そんな予定が有るかどうかは分かりませんが)。
そんなことありませんよね?エドリントン・グループの皆さん。
企業の福祉活動が、勝者の奢りや何らかのPR活動と無縁であることを願い、んで、信じています。
ねい 2009/01/11(Sun)13:59:51 編集
Re: 無題
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

この話を最初に聞いたときには、
押しつけの慈善活動ってどうなんだろうと感じました。
しかし考え方を変えれば、
チャリティには興味があったけど
なかなかきっかけが見つからなかったという方たち対して
よい契機になればいいなとも感じています。
MUNE 2009/01/11(Sun)20:13:27 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アサヒビール、20年貯蔵の「シングルモルト宮城峡」限定販売。
アサヒビールは、子会社ニッカウヰスキー(ニッカウイスキー)の宮城峡蒸留所で 19...
URL 2009/01/22(Thu)16:08:38
【プロフィール】
HN:
MUNE
HP:
性別:
男性
自己紹介:
 1990年頃、スコッチウイスキーの魅力に開眼、次第に傾斜を深めていく。1998年、ウェブサイト「M's Bar」を開設、書き溜めていたシングルモルトのテイスティングノートを公開。2005年、ウイスキー専門誌「THE Whisky World」の発足メンバーに。現在は、試飲のできるリカーショップ「M's Tasting Room」の運営に携わり、ウイスキー関連のイベントでは講師やアドバイザーなども務める。著書に『うまいウイスキーの科学』(ソフトバンククリエイティブ)など。
【ブログ内検索】
【ランキング】
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

Copyright © 1998- Muneyuki Yoshimura. All rights reserved.