エムズ・ウイスキー・ダイアリー マティス・キャパドニック1972
Whisky topics covered by M's Bar
【カレンダー】
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

matisse.jpg台湾のウイスキーと言えばキング・カー蒸留所のカヴァランが有名だが、マティスというブランドもある。マティス社はキング・カー蒸留所とは違い、スコッチウイスキーのボトリングのみを行っている会社だ。そのマティス社が、このたび派手なプロモーションを仕掛けてきた。同社がボトリングした800ポンドのキャパドニック1972を、スコットランド第一大臣アレックス・サモンド氏によってチャリティオークションに出品してもらうというもの。

先日行われたサモンド氏へのボトル進呈式には、ウイスキーライターのジム・マーレー氏が招かれ、彼によってキャパドニック1972が手渡された。他の誰でもなく、ジム・マーレー氏が招かれたのには、実は訳がある。彼の著書であるウィスキー・バイブルの2007年度版に、マティス12年が取り上げられ89点という高得点が与えられたからだ。

オークションは今月の11日に、スコットランドのファイフにあるセント・アンドリューズにて開催される。売上金は、がん患者や障害者、ホームレスらを支援する団体に全額寄付される予定だ。

マティス社は、2000年に ヤン・テンクェイ氏によって創業されたインディペンデントボトラーズだ。2008年にオープンしたキング・カー蒸留所よりも歴史は古く、台湾のウイスキー業界では先駆者といえるだろう。同社の製品は、シングルモルト、ブレンデッドモルト、ブレンデッドスタンダード、ブレンデッドプレミアムの4種類に大別される。どの製品にも蒸留所名は明記されておらず、「マティス」というブランド名で統一されている。すなわち、今回のチャリティオークションに出されるキャパドニックは、例外ということになる。

ちなみにこのマティス社だが、ブランドイメージを作り上げることに何よりも力を入れていることでも有名だ。CMには有名歌手や映画俳優、そして売れっ子の映像ディレクターらを起用し、アーティストのプロモーションビデオ顔負けの作品を作っている。だが肝心のウイスキーが、そのイメージに伴っていないとの厳しい指摘もあるようだ。

たとえば、こんな例もある。2008年に出されたウイスキーマガジン73号のテイスティングコーナーで、「マティス・オールドブレンデッドウイスキー」が取り上げられた。だがこのウイスキー、“オールド”とはいうものの実は3年物。テイスターのデイヴ・ブルーム氏がつけた点数は6.0点、「3年熟成で“オールド”って、どういうこと?」と、きついコメントを残している。サントリーオールドは、熟成年数を謳わないで正解だったかもしれない。

ともあれ、このキャパドニック1972にいくらの値がつくのか、興味のあるところだ。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
【プロフィール】
HN:
MUNE
HP:
性別:
男性
自己紹介:
 1990年頃、スコッチウイスキーの魅力に開眼、次第に傾斜を深めていく。1998年、ウェブサイト「M's Bar」を開設、書き溜めていたシングルモルトのテイスティングノートを公開。2005年、ウイスキー専門誌「THE Whisky World」の発足メンバーに。現在は、試飲のできるリカーショップ「M's Tasting Room」の運営に携わり、ウイスキー関連のイベントでは講師やアドバイザーなども務める。著書に『うまいウイスキーの科学』(ソフトバンククリエイティブ)など。
【ブログ内検索】
【ランキング】
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

Copyright © 1998- Muneyuki Yoshimura. All rights reserved.