エムズ・ウイスキー・ダイアリー ハイランド・パーク50年
Whisky topics covered by M's Bar
【カレンダー】
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

highlandpark50-11.jpgハイランド・パークの50年が、いよいよベールを脱いだ。リリースの告知は昨年あたりからあったが、満を持しての発売だ。1960年ヴィンテージでアルコール度数は44.8%、アウトターンは275本だという。50年物としては本数が多いが、同ヴィンテージの5樽のリフィルカスクがヴァッティングされているためだ。さて、気になる価格だが、10,500ポンド(約137万円)だという。10月いっぱい、ロンドンの百貨店ハロッズで独占販売を行うらしい。なお、海外からのオーダーは受け付けていない。

highlandpark50-7.jpgボトルデザインは個性的でとても目を引くが、巷では賛否両論あるようだ。帯やロープの流れるようなデザインはオークニーの自然を讃えたもので、「海」や「荒々しい気候」、「時の流れ」といった意味が込められているのだそうだ。金属部分は銀製で、手作業で作られているという。上部の円の中にはハイランド・パークのロゴマークがレイアウトされており、ボトルの裏の同じ位置には聖マグナス大聖堂の正面の丸窓と同じデザインのマークが描かれている。聖マグナス大聖堂はオークニーのメイン島カークウォール、すなわちハイランド・パークと同じ村にある教会で、世界でもっとも北にある教会としても知られる。

デザインを手掛けたのは、ニューヨークを拠点に活躍する若手宝飾デザイナー、メイヴ・ジリーズさん。メイヴ(Maeve)といえば古代のケルト神話に登場する女王と同じ名だが、彼女はエディンバラの出身だという。2004年にメイヴォナ(MaeVona)というオリジナルのブランドを立ち上げ、現在世界各国で事業を展開中だ。彼女のデザインにはいずれもケルティックテイストが感じられ、ケルト模様の好きな当方の琴線をくすぐる。彼女自身、実はハイランド・パークのファンなのだそうで、オークニーにも幼い頃からよく訪れていたとのこと。

オフィシャルサイトには、テイスティングノートが乗っているので転載しておこう。

色:
透明感と、磨かれたマホガニーの輝き。
香り:
複雑で何層にも重なっている。まず、埃っぽい木と古いタバコ袋が現れる。次第に果実とスパイスが強くなっていき、調理した西洋スモモ、レーズン、ナツメグが全体に広がる。
味:
素晴らしいタンニンが感じられ、リッチでスパイシー。そしてワックスのニュアンスのあるマスコバド糖(黒砂糖)が前面に現れる。加水するとオレンジピール、樟脳、そしてクローブ。
フィニッシュ:
長くとてもスパイシー。わずかに煙があとを引く。

ハイランド・パーク50年の記事は、セルジュ・ヴァレンティン氏のサイト、ウイスキーファン(Whiskyfun)にも載っている。期間限定でハロッズでしか販売しないこと、そして輸出しないことについて皮肉たっぷりに書かれてあり、思わず苦笑してしまう。テイスティングノートも添えてあるので、オフィシャルサイトのものと比較するのも面白い。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コンドは50年物!?
12年に嵌り、18年に驚き、25年に耽溺し、30年に陶酔し、40年に撃沈。

嗚呼、50年ですか!?

こいつは無理だなあ(笑)

ここまでが限界。

ダルモアに散財したので、もうお財布は空っぽですから(笑)

また、スキンダーさんの店に入るのかなあ!?

少なくとも、ダルモアの2品はここから、、、。

では、また。

ご無沙汰していました。
logos3rd URL 2010/12/24(Fri)11:40:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
【プロフィール】
HN:
MUNE
HP:
性別:
男性
自己紹介:
 1998年、ウェブサイト『M's Bar』を開設。2005年、ウイスキー専門誌『THE Whisky World』の発足メンバーとして参加、現在同誌にてテイスティングコメントや記事を連載中。また昨今はウイスキー関連のイベントでウイスキーアドバイザーを務めるかたわら、楽天市場ラウンジのウイスキー・ショッピングソムリエ・ブログの執筆にも勤しむ。著書に、サイエンス・アイ新書『うまいウイスキーの科学』がある。
【ブログ内検索】
【ランキング】
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

Copyright © 1998- Muneyuki Yoshimura. All rights reserved.