エムズ・ウイスキー・ダイアリー スプリングバンク1919がオークションに
Whisky topics covered by M's Bar
【カレンダー】
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年の11月24日にグラスゴーで行われたマクティアーズのオークションで、スプリングバンク1919が出品され20,000ポンド(約260万円)で落札された。落札推定価格が20,000~30,000ポンドだったので、予想どおりの結果だということになる。マクティアーズ社のウイスキー鑑定家アンドリュー・ベルさんのインタビュー映像がYouTubeにあり、このスプリングバンク1919についてコメントしている。

ラベルに「Campbeltown 1919」と記されたこのスプリングバンクは、1919年に蒸留され1970年にボトリングされた50年もののシングルモルトだ。24本しかボトリングされず、ギネスブックでは「ロンドンのハロッズで、1本6,500ポンドで販売されている世界一高価なウイスキー」として認定されたことでも知られる(実はアルコール度数は38%しかない。すなわち法律上では、スコッチウイスキーと呼べないのだが)。また同じくロンドンの百貨店フォートナム&メイソンでは、7,500ポンドで販売された。

余談だが、フォートナム&メイソンのスプリングバンク1919はかつて盗難にあったことがあるそうだ。しかし、ディスプレイ用のボトルには、何とモルトビネガーが詰めてあったという。モルトの代わりにモルトビネガーをつかまされた泥棒だが、当分フィッシュ&チップスの調味料には困らなかっただろう。

さて20,000ポンドという落札価格だが、すぐに思い出したのが2年前のスプリングバンク1919売買の一件だ。オランダでは2~3年前からウイスキーの投資が注目を浴びているが、2009年にオランダの投資会社がスプリングバンク1919を50,000ポンドで買って話題になった。しかも2本もお買い上げになったそうで、その気合のほどが伺える。現在このスプリングバンク1919は55,000ポンドで売りに出されているが、まだ買い手はついていない。今回の20,000ポンドという落札価格は、加熱気味のオランダの投資ブームに水を差すことになるかもしれない。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
【プロフィール】
HN:
MUNE
HP:
性別:
男性
自己紹介:
 1990年頃、スコッチウイスキーの魅力に開眼、次第に傾斜を深めていく。1998年、ウェブサイト「M's Bar」を開設、書き溜めていたシングルモルトのテイスティングノートを公開。2005年、ウイスキー専門誌「THE Whisky World」の発足メンバーに。現在は、試飲のできるリカーショップ「M's Tasting Room」の運営に携わり、ウイスキー関連のイベントでは講師やアドバイザーなども務める。著書に『うまいウイスキーの科学』(ソフトバンククリエイティブ)など。
【ブログ内検索】
【ランキング】
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

Copyright © 1998- Muneyuki Yoshimura. All rights reserved.