エムズ・ウイスキー・ダイアリー レガシー・ファイナル
Whisky topics covered by M's Bar
【カレンダー】
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

legacy6.jpgブルイックラディ蒸留所から、新商品の「レガシー・シリーズ6」が来月にリリースされるとのアナウンスがあった。2002年にシリーズ1がリリースされその後毎年出されてきたこのシリーズだが、なんと今回のシリーズ6がファイナルだそうな。

30年以上寝かせた長熟モルトばかりのラインナップで知られるこのレガシー・シリーズ、オフィシャルサイトに全ボトルの画像とスペック一覧が載っていたのでまとめてみた。6本が並ぶとなかなか壮観である。

legacy.JPG

 ■レガシー・シリーズ1
    リリース:2002年9月 アウトターン:1,500本
    熟成年数:36年 度数:40.6%

 ■レガシー・シリーズ2
    リリース:2003年10月 アウトターン:1,500本
    熟成年数:37年 度数:41.8%

 ■レガシー・シリーズ3
    リリース:2004年11月 アウトターン:1,572本
    熟成年数:35年 度数:40.7%

 ■レガシー・シリーズ4
    リリース:2005年11月 アウトターン:900本
    熟成年数:32年 度数:47.5%

 ■レガシー・シリーズ5
    リリース:2006年10月 アウトターン:1,690本
    熟成年数:39年 度数:40.9%

 ■レガシー・シリーズ6
    リリース:2007年10月 アウトターン:1,704本
    熟成年数:34年 度数:41.0%

どのボトルもラベルとケースには、スコットランドの自然をモチーフにした絵画が印刷されている。いずれの絵も、スコットランド人の画家フランセス・マクドナルド(1873-1921)の手によるものだ。ただし、シリーズの1と2、そして4は残念ながらすでにソールドアウトだとのこと。

今回のシリーズ6は、1965年と1970年、そして1972年の3つのヴィンテージの6樽(いずれもバーボン樽)がヴァッティングされてボトリングされたものだそうな。価格は200ポンド(約46,000円)。

レガシー・シリーズを打ち切ることについては、古い樽が底をついたためではないと蒸留所はコメントしている。古樽を使った新企画の準備が、すでに進められているとのこと。法定度数(40%)ぎりぎり、もしくは割り込んでしまった樽の救済措置としてレガシーのようなやり方はいわば常套手段なので、新企画がいったいどんなアイデアなのか気になるところだ。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
【プロフィール】
HN:
MUNE
HP:
性別:
男性
自己紹介:
 1990年頃、スコッチウイスキーの魅力に開眼、次第に傾斜を深めていく。1998年、ウェブサイト「M's Bar」を開設、書き溜めていたシングルモルトのテイスティングノートを公開。2005年、ウイスキー専門誌「THE Whisky World」の発足メンバーに。現在は、試飲のできるリカーショップ「M's Tasting Room」の運営に携わり、ウイスキー関連のイベントでは講師やアドバイザーなども務める。著書に『うまいウイスキーの科学』(ソフトバンククリエイティブ)など。
【ブログ内検索】
【ランキング】
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

Copyright © 1998- Muneyuki Yoshimura. All rights reserved.