エムズ・ウイスキー・ダイアリー とてもシェリーなラフロイグたち
Whisky topics covered by M's Bar
【カレンダー】
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

laphroaig0.jpgラフロイグの新商品が今年の10月にリリースされるとのアナウンスが、フォーチュン・ブランズ社より先日あった。1980年ヴィンテージの27年ものだとのこと。詳細はまだ知らされていないので画像から判断するしかないのだが、ラベル部分が不鮮明で半分くらいしか読み取れない。だが、どうやらオロロソシェリー樽熟成100%のラフロイグらしい。度数は51%で、アウトターンは950本。価格は500ポンド(約120,000円)だとのこと。ラベルにはマスターブレンダーのロバート・ヒックスと蒸留所マネージャーのジョン・キャンベルのサイン、並びに通し番号が印刷されてある。

一昨年に出された1974年ヴィンテージの31年が驚異的に旨かったので、期待したいところなのだが・・・。シェリー樽ものってのは、何かとリスキーだからねえ(汗)。

bottle25smallsize.jpg今月の初め頃だったか、25年ものが発売されたニュースはまだ記憶に新しい。先日配信されたフレンズ・オブ・ラフロイグ(会員制のオフィシャルファンクラブ)のニュースレターでも紹介されていた。この25年ものにもオロロソシェリー樽で熟成された原酒がヴァッティングされてある。なお、バーボン樽原酒との配分比率は不明だ。ちなみにシェリー樽の種類はパンチョンのセカンドフィルだそうで、シェリーの風味が支配的にならぬような気遣いは一応してあるらしい。こちらの度数は40%で、アウトターンは2,500本。価格は150ポンド(約36,000円)だ。木製の黒いギフトボックスに収められている。

この蒸留所は、オフィシャルボトルにはバーボン樽ファーストフィル熟成のモルトしか使わないというのが基本スタンス。個人的にはそのスタンスを支持しているので、今後の動向はとても気になる。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
【プロフィール】
HN:
MUNE
HP:
性別:
男性
自己紹介:
 1998年、ウェブサイト『M's Bar』を開設。2005年、ウイスキー専門誌『THE Whisky World』の発足メンバーとして参加、現在同誌にてテイスティングコメントや記事を連載中。また昨今はウイスキー関連のイベントでウイスキーアドバイザーを務めるかたわら、楽天市場ラウンジのウイスキー・ショッピングソムリエ・ブログの執筆にも勤しむ。著書に、サイエンス・アイ新書『うまいウイスキーの科学』がある。
【ブログ内検索】
【ランキング】
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

Copyright © 1998- Muneyuki Yoshimura. All rights reserved.