エムズ・ウイスキー・ダイアリー ヒトラーもシングルモルトが飲みたかった!?
Whisky topics covered by M's Bar
【カレンダー】
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

あらかじめ断っておくがこのネタはジョークだ。ヒトラーが安ウイスキーに不平をいい、シングルモルトへの思慕を語るパロディ動画がYOUTUBEにアップされている。

キドゥーシュ・クラブというのは非公式なユダヤ教の団体のことで、そのユニークで奔放な活動はシナゴーグ(集会や礼拝堂のこと)の品位や尊厳を貶めるものだとして、改めるようにとの勧告を正統派から受けている。なおキドゥーシュというのはユダヤ教における安息日(土曜日)の祝祷(礼拝のあとに捧げる祈り)のこと。祈りが終わるとワインやブドウジュースを飲む慣わしがある。

この動画のベースは、映画「ヒトラー ~最期の12日間~ (Tribute DER UNTERGANG)」だ。それにふざけた字幕スーパーがかぶせてある。ストーリーの設定は、キドゥーシュ・クラブの攻略に手を焼くドイツ軍、舞台は戦況の報告を受け苦渋の表情を浮かべるヒトラーと、おろおろと顔色を窺う参謀たちというもの。ヒトラーはマシンガンのように不平不満をぶちまけ、挙句にはキドゥーシュ・クラブへのねたみを口にし始める・・・。

2:09からのヒトラーのセリフ。「最近、奴らはシングルモルトを飲んでいるそうじゃないか! グレンフィディック! グレンロセス! グレンモーレンジ! バルヴェニー! ラガヴーリン!」 このあとに、ゴミウイスキー呼ばわりされるブレンデッドが名指しで登場し、思わず苦笑。

元の映画はもちろんカラーだが、この動画は古いフィルムのような加工がされている。また最初と最後に挿入されたテロップとアナウンスも違和感がなく、とても完成度が高い。  

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
【プロフィール】
HN:
MUNE
HP:
性別:
男性
自己紹介:
 1990年頃、スコッチウイスキーの魅力に開眼、次第に傾斜を深めていく。1998年、ウェブサイト「M's Bar」を開設、書き溜めていたシングルモルトのテイスティングノートを公開。2005年、ウイスキー専門誌「THE Whisky World」の発足メンバーに。現在は、試飲のできるリカーショップ「M's Tasting Room」の運営に携わり、ウイスキー関連のイベントでは講師やアドバイザーなども務める。著書に『うまいウイスキーの科学』(ソフトバンククリエイティブ)など。
【ブログ内検索】
【ランキング】
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

Copyright © 1998- Muneyuki Yoshimura. All rights reserved.