エムズ・ウイスキー・ダイアリー モートラック70年
Whisky topics covered by M's Bar
【カレンダー】
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

mortlach70yo.jpgとうとう出たかという感じだが、70年物のウイスキーが今月の11日にリリースされた。モートラックのシングルモルトで、発売したのはG&M(ゴードン&マクファイル)社だ。同社が1938年ヴィンテージの樽をまだ持っているという話は以前からあったので大きな驚きはないが、“70年”というウイスキーにそぐわない数字に対してはある種の感慨をおぼえる。GM社はかつてモートラックの60年物も発売しているが、40%に加水してボトリングされていた。しかし今回はカスクストレングスの46.1%で詰められており、この違いは大きい。

なお60年物のウイスキーなら、数は少ないがこれまでにいくつかボトリングされている。いずれもシングルモルトだが、例えばマッカラン60年(1926年蒸留, 42.6%)、ベン・ネヴィス63年(1926年蒸留, ?%)、ロイヤル・ブラクラ(1924年蒸留, 40%)等だ。しかし「70 year old」とラベルに表記されたウイスキーは今だかつてない。

GM社のオフィシャルサイトにはテイスティングノートが載っているので転載しておく。恐らく発表会に招かれたウイスキー専門家のチャールズ・マクリーン氏のテイスティングだと思われる。

色:
太陽の光で漂白された光沢のあるマホガニー。
香り:
柔らかなアロマ。ろうそくと果実がすぐに現れる。初めはただのロウソクだが、火が消されて一筋の煙が立ち上るロウソクに変化。マデイラケーキに埋まっているマラスキーノチェリーと、しばらくしてオレンジを思わせる新鮮でジューシーなシトラス系の香り、その後アプリコットジャムが前面に。薄く削ったアーモンドと花の香りも現れ、軽いココナッツオイルに変化していく。
味:
驚くほど元気がよく、味わいがはっきりとしている。スムースで滑らかな口当たり。最初は甘みが感じられるが、その後ややドライなテイストに変化。しかし、渋みはそれほど強くない。ドライイチジクとタバコのニュアンス、そして興味をそそるほのかな煙。余韻には、かんなで削られた硬材(広葉樹)のニュアンスが感じられ、長く後を引く。ティースプーン1杯の水を加えると、テクスチャーはさらにスムースに。新鮮でほのかな甘みは、梅のような心地いい酸味に変化し、すすのような煙がフィニッシュを締めくくる。
コメント:
すばらしい! くたびれた樽や、もろみ、だぼ栓に被せる布のニュアンスはまったくなく、繊細で新鮮、いきいきとしていてフルーティなウイスキー。独特なワックスと煙の風味は今日ではあまり見かけないが、1960年代以前のウイスキーにはよく見られた特徴だ。

このモートラック70年だが、GM社が今回新たに作った「ジェネレーションズ」と名付けられたシリーズの第1弾ボトルだという。発表会は、エディンバラ城で賑々しく行われたとのこと。価格は10,000ポンド(約135万円)で54本限定だ。決して安い値段ではないが、まあ妥当な金額ではないだろうか。なお、200ミリリットルの小型ボトルも、2,500ポンドで162本販売することになっている。

※エディンバラ城での発表会の動画を、YouTubeで見つけたのでアップしました(5/23)

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
相互リンクのお願い
はじめまして。
サイト運営をしている者なのですが、相互リンクしていただきたくて、コメントいたしました。
下記のURLから、相互リンクしてもらえると嬉しいです。
http://hikaku.link-z.net/link/register.html
ご迷惑だったらすみません。突然、失礼しました。
uE9qB9Dh
相互リンクのお願い URL 2010/03/15(Mon)07:28:20 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
【プロフィール】
HN:
MUNE
HP:
性別:
男性
自己紹介:
 1998年、ウェブサイト『M's Bar』を開設。2005年、ウイスキー専門誌『THE Whisky World』の発足メンバーとして参加、現在同誌にてテイスティングコメントや記事を連載中。また昨今はウイスキー関連のイベントでウイスキーアドバイザーを務めるかたわら、楽天市場ラウンジのウイスキー・ショッピングソムリエ・ブログの執筆にも勤しむ。著書に、サイエンス・アイ新書『うまいウイスキーの科学』がある。
【ブログ内検索】
【ランキング】
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

Copyright © 1998- Muneyuki Yoshimura. All rights reserved.