エムズ・ウイスキー・ダイアリー ポート・シャーロット創業計画が頓挫
Whisky topics covered by M's Bar
【カレンダー】
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

20100627100801_ugly-betty-still-bruichladdich.jpgブルイックラディ蒸留所のジム・マッキューワン氏が進めていたポート・シャーロット蒸留所の創業計画が頓挫したという。その理由だが、この新蒸留所のウリにするはずだったローモンドスティルが原因らしい。このスティルには、その異様な外観から「醜いベティ (Ugly Betty)」なんていうニックネームがつけられ、トップの部分にはイラスト付きのプレートまで取りつけられている。

ローモンドスティルは、20世紀半ばにハイラム・ウォーカー社が開発した蒸留器。蒸溜釜のネックの部分は円筒形になっており、内部には蒸気の還流率を調整するために角度を変更できる棚が、3段設けられていた。またスワンネックとコンデンサーをつなぐラインアームも、角度の変更ができるという優れもの。

inverleven0905114.jpgローモンドスティルは1959年にインヴァリーヴン蒸留所(1938-1991)に試験的に導入され、通常のポットスティルと並べて設置された。ローモンドスティルで造られたウイスキーは「ローモンド」と呼ばれたが、結局一度も発売されることなく、1970年代後半には操業が止められてしまった。ローモンドは正に幻のシングルモルトなのだ。

ブルイックラディが導入したのは、このインヴァリーヴンの中古のローモンドスティルだ。しかしシミュレーションの結果、このローモンドスティルではモルトの生産は厳しいという結論を出したのだという。

そこでブルイックラディは、何とジンを造るという奇策に打って出た。今月の3日から、すでに生産を開始しているという。当ブログの4月5日付けの記事で、「ブルイックラディ蒸留所がジンを造るかも」といったエイプリルフール記事を紹介したが、それが現実となった形だ。伝説のローモンドスティルを鳴り物入りで導入したブルイックラディ蒸留所だっただけに、「結局使えませんでした。」では格好がつかなかったのは確かだろう。

ジンの名前はまだ公けにはなっておらず、コリアンダーや杜松(ねず)の実といった一般的なものを始め、30種類もの植物を使って香り付けがされていることのみが伝わってきている。うち21種類は、アンゼリカやヤチヤナギ、セイヨウカワラマツバ、メース、ホウキ花などのアイラ島産の植物だという。

ローモンドスティルで造られるポート・シャーロットが飲めなくなったのは、個人的には極めて残念だ。しかしこの蒸留所の創業計画は、何らかの形でぜひ復活させて欲しいものだ。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
【プロフィール】
HN:
MUNE
HP:
性別:
男性
自己紹介:
 1990年頃、スコッチウイスキーの魅力に開眼、次第に傾斜を深めていく。1998年、ウェブサイト「M's Bar」を開設、書き溜めていたシングルモルトのテイスティングノートを公開。2005年、ウイスキー専門誌「THE Whisky World」の発足メンバーに。現在は、試飲のできるリカーショップ「M's Tasting Room」の運営に携わり、ウイスキー関連のイベントでは講師やアドバイザーなども務める。著書に『うまいウイスキーの科学』(ソフトバンククリエイティブ)など。
【ブログ内検索】
【ランキング】
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

Copyright © 1998- Muneyuki Yoshimura. All rights reserved.