エムズ・ウイスキー・ダイアリー シングル・カフェ・モルト
Whisky topics covered by M's Bar
【カレンダー】
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

coffey2_2.jpg今月の22日に、ニッカから興味深いウイスキーがリリースされる。その名も「シングル・カフェ・モルト12年」。次号のスコッチ通信(スコッチ文化研究所の定期刊行物)のテイスティングで取り上げられることになり、テイスターとして先日ひと足お先にテイスティングさせていただいた。

この「カフェ」という言葉だが、由来はカフェ式スティルの名に因む。coffeyと綴られ、実際の発音はむしろコフィに近い。1831年に、アイルランドの収税官だったイオニアス・コフィ(Aeneas Coffey)が発明した連続式蒸留機の呼称だ。ポット・スティル(単式蒸留機)との違いは、より純度の高いスピリッツを蒸留できる点である。

なお、コフィの作ったスティルはパテント(特許)を取り広く使用されたので、別名パテント・スティル(Patent Still)とも呼ばれる。その後改良が加えられて種々のパテント・スチルが使われるようになったが、現在は多様なタイプのグレーン・ウイスキーをつくり分けられる多塔式が主流だ。二塔式のコフィ・スティルを使用しているのは、日本では唯一ニッカだけである。

カフェ式スティルで蒸留された、ニッカのグレーン・ウイスキーのクォリティの高さには定評がある。胸を張って世界に誇れるジャパニーズ・ウイスキーのひとつだと、私自身も確信している。さてこのカフェ・モルト、まだ発売前なのでテイスティングの詳細な評価は差し控えるが、原料とスティルの相性、並びに完成度の高さにおいてはカフェ・グレーンに軍配を上げたい。

関連記事を、The Scotch Blogで見つけた(9日付)。その中で宇土美佐子さん(「The Scottish Whisky Distilleries」の著者)がこのブログの筆者に宛てたメールが紹介されている。「キャメロンブリッジ蒸留所で、1880年代から1929年まで造られていたものと同じようなものだと思う。」といった、彼女らしい見解が述べられていて思わずほくそえんでしまった。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
実に美味しそうですね。以前、宮城峡で試飲させていただいて、その発売を心待ちにしておりました。お安い、とは言えませんが、是非にも購入させていただきたいです。ストレートは勿論の事、邪道ですが、アイスクリームにかけて食べてみたいな、なんて考えてます。
ねい 2007/11/17(Sat)10:24:52 編集
無題
アイスクリームにかけるのは美味しそうですね。
カフェグレーンとアイスの組み合わせなら、
さらに美味しいかもしれません。
MUNE 2007/11/21(Wed)13:19:25 編集
【プロフィール】
HN:
MUNE
HP:
性別:
男性
自己紹介:
 1990年頃、スコッチウイスキーの魅力に開眼、次第に傾斜を深めていく。1998年、ウェブサイト「M's Bar」を開設、書き溜めていたシングルモルトのテイスティングノートを公開。2005年、ウイスキー専門誌「THE Whisky World」の発足メンバーに。現在は、試飲のできるリカーショップ「M's Tasting Room」の運営に携わり、ウイスキー関連のイベントでは講師やアドバイザーなども務める。著書に『うまいウイスキーの科学』(ソフトバンククリエイティブ)など。
【ブログ内検索】
【ランキング】
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

Copyright © 1998- Muneyuki Yoshimura. All rights reserved.