エムズ・ウイスキー・ダイアリー フレーバーマップがリニューアル
Whisky topics covered by M's Bar
【カレンダー】
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

flavour_map.jpg昨年の10月12日にディアジオ社の『シングルモルトウイスキー・フレーバーマップ』の紹介記事を書いたが、その後何種類かのリニューアル・ヴァージョンが作られたようだ。

現在オフィシャルサイトに掲載されているものでは、マイナーな銘柄がいくつかカットされ、クラシックモルト・シリーズのディスティラーズ・エディションが何種類か追加されている。マッピングポジションは若干の微調整が行なわれているが、大幅な変更は見当たらない。その中で比較的大きくシフトしているのが、ボウモア12年([Rich]→[Light])とグレンモーレンジ10年([Light]→[Rich])あたりだろうか。

im_small_map.jpgまた、ポジションマークの表示方法にも改良が加えられている。●はクラシックモルト・シリーズで、▲はそれ以外だ。また産地による色分けもされてあり、青がアイランズ、水色がアイラ、茶色が東西沿岸域、肌色がハイランド、紫がスペイサイド、そしてモスグリーンがローランドとなっている。ちなみにインヴァネスよりも北にあり、スペイサイドよりも西に位置するクラインリッシュは、本来北ハイランドといった区域に分類されるべきだと思うのだが、ディアジオ社によれば「東海岸地域」となるようだ。

ファーストリリースのマップは、取り上げた銘柄のバランスが悪く突っ込みどころが満載だったが、それゆえの面白さがあったと思う。現行のものは完成度は高まったが、ちょっとつまらなくなったかなあというのが正直な感想だ。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
【プロフィール】
HN:
MUNE
HP:
性別:
男性
自己紹介:
 1990年頃、スコッチウイスキーの魅力に開眼、次第に傾斜を深めていく。1998年、ウェブサイト「M's Bar」を開設、書き溜めていたシングルモルトのテイスティングノートを公開。2005年、ウイスキー専門誌「THE Whisky World」の発足メンバーに。現在は、試飲のできるリカーショップ「M's Tasting Room」の運営に携わり、ウイスキー関連のイベントでは講師やアドバイザーなども務める。著書に『うまいウイスキーの科学』(ソフトバンククリエイティブ)など。
【ブログ内検索】
【ランキング】
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

Copyright © 1998- Muneyuki Yoshimura. All rights reserved.