エムズ・ウイスキー・ダイアリー ロンドン市長、仕事中にウイスキーがぶ飲み?
Whisky topics covered by M's Bar
【カレンダー】
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

livingstoneMOS1901_468x456.jpgロンドン市長のケン・リヴィングストン氏が、オフィシャルな会議中にウイスキーをがぶ飲みしていたという。英国は今、そんなちょっと信じ難い話題で持ち切りだ。

その様子を収めたドキュメンタリー番組が、21日の20時から英国第4の公共放送「Channel 4」にて放送された。撮影されたのは、昨年の11月14日だという。朝10時 (!) から市庁舎で開かれたロンドン市議会の会議でのことだそうだ。

そのスクープの裏づけをとるため、同局のレポーターは彼が飲んでいた琥珀色の液体のサンプルをこっそり入手。そしてその液体を政府管轄下の科学研究所に持ち込み、間違いなく47度のアルコールだという分析結果を得たらしい。

後日、その潜入レポーターは市長と話をする機会を持ち、「14日の会議の後、あなたは間違いなくフラフラだったはずです。」と告げた。すると市長は悪びれる様子もなく、「私はねえ、ウイスキーがないとやっていけないんだよ。飲んでいないとすぐに咳が出てしまうんだ。」と答えたらしい。う~む、素晴らしい市長だ。大丈夫か?、ロンドン。

さて、市長の飲んでいたウイスキーだが、銘柄が気になるところだ。47度という度数だけが手がかりでは、絞り込むのはかなり難しい。そこで市長の愛国心を信じ、スコッチであったと仮定しよう。やや高めのアルコール度数からはついついシングルモルトを思い浮かべてしまうが、どうも「がぶ飲み」という表現がひっかかる。嗜好品の楽しみ方は人それぞれなので断定はできないが、モルト・ウイスキーではなかったのではないかと思う。とすれば、このあたりが有力候補となるだろうか。

番組によれば、リヴィングストン氏のその“習慣”は、大ロンドン庁 (Greater London Authority) で定められた行動規範に明らかに違反してるそうだが、それはそうだろう。しかし、首相のゴードン・ブラウン氏はこの一件について、「彼には確固とした活躍してきた経歴があり、人々はそれを知っています。そういう視点から、人々は彼に対して判断をくだすでしょう。」と、何だか奥歯に物が挟まったようなコメントだ。リヴィングストン氏は労働党内では先輩に当たる人物だから、ブラウン首相としても頭の痛いところだろう。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
う、うまそう
写真の市長、旨そうに飲んでますね。仕事中に飲めるのならなおさらか。
市長の飲んでいた(だろう)これ、僕も飲んでみようかなあ。
GIAN URL 2008/01/23(Wed)12:35:11 編集
Re: う、うまそう
確かに美味しそうに飲んでますよね(笑)。
もしお飲みになったら
ぜひ感想をお聞かせくださいね。
MUNE 2008/01/24(Thu)18:16:44 編集
【プロフィール】
HN:
MUNE
HP:
性別:
男性
自己紹介:
 1990年頃、スコッチウイスキーの魅力に開眼、次第に傾斜を深めていく。1998年、ウェブサイト「M's Bar」を開設、書き溜めていたシングルモルトのテイスティングノートを公開。2005年、ウイスキー専門誌「THE Whisky World」の発足メンバーに。現在は、試飲のできるリカーショップ「M's Tasting Room」の運営に携わり、ウイスキー関連のイベントでは講師やアドバイザーなども務める。著書に『うまいウイスキーの科学』(ソフトバンククリエイティブ)など。
【ブログ内検索】
【ランキング】
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

Copyright © 1998- Muneyuki Yoshimura. All rights reserved.