エムズ・ウイスキー・ダイアリー キニンヴィ17年が500本限定で発売
Whisky topics covered by M's Bar
【カレンダー】
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

kininvie09may07.jpg『モルトアドヴォケート』のジョン・ハンセル氏の2月26日付けのブログに、キニンヴィに関する記事が載った。来月の27日にロンドンのヒースロー空港にオープンする『ターミナル5』を記念して、オフィシャルのキニンヴィ17年が500本限定で発売されるという。ファーストボトリングではないのだが、幻のモルトと呼んでさしつかえないキニンヴィのリリースはちょっとしたニュースだ。ちなみに、空港内の免税店のみでの取り扱いとなる模様。

製品名は『へーゼルウッド・リザーブ(Hazelwood Reserve)』になるという。へーゼルウッドの名でのボトリングは3回目となるが、すべてがキニンヴィのシングル・モルトというわけではない。

  Real Identity Bottled Age Alc. Out Turn Sup. 
Hazelwood
(1st Edition)
Vatted
Malt
2001 20
yo
50
%
? not
for sale
Hazelwood 105
(2nd Edition)
Kininvie
Single Malt
2006 15
yo
52.5
%
About
1,500
 
Hazelwood Reserve
(3rd Edition)
Kininvie
Single Malt
2008 17
yo
? 500  

またプレスリリースには、「ドライフルーツと、強烈なオーク風味のスパイスを伴ったナッツの香り。」といったテイスティングノートが記されているらしい。

さて価格だが、700アメリカドル(およそ74,000円)だそうな。これは苦笑するしかあるまい。まあ、コレクターズアイテム的な要素を考えればありえない価格ではないのかもしれないが、近年のプレミアム系シングル・モルトの価格高騰ぶりには本当に閉口する。

なおへーゼルウッドというのは、キニンヴィ蒸留所の近くに建っている屋敷の名称だという。ウィリアム・グラント&サンズ社の創業者ウィリアム・グラントの孫娘であるジャネット・シード・ロバーツ女史(今年の8月でなんと107歳の誕生日を迎える!)が、1993年以来住んでいるとのこと。

モンキー・ショルダー(ウィリアム・グラント&サンズ社が所有する3つの蒸留所、グレンフィディック、バルヴェニー、キニンヴィの原酒だけから造られているモルト・ウイスキー)は、なかなか秀逸なヴァッテド・モルトだと思う。ファーストボトリングのキニンヴィ(すなわちへーゼルウッドの2nd)の評判は決して芳しいものではなかったが、本来の実力ではなかったのだと思いたい。セカンド・キニンヴィには、価格に相応しいパフォーマンスをぜひ見せて欲しいものだ。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Aldunie(アルダニー)
Kininvie(キニンヴィ)99%にBalvenie(バルヴェニー)1%のブレンデッドモルトですが、ラベルにGlen Scomaと書かれたものとCool Celticと書かれたものの2ヴァージョンがあるようです。

Glen Scomaと書かれた方はLimburg Whisky Fair用にボトリングされたもので、Cool Celticと書かれた方はBonnで開催されたCool Celtic Fair用にボトリングされたもののようです。

Aldunieは300本あまりがボトリングされているようですが、両方を合わせた本数なんでしょうか?それともGlen Scomaとかかれた方だけの本数なんでしょうか?

スキンダー氏の店でCool Celticと書かれた方が販売されているようですが、この価格を見るとオフィシャルのHazelwoodはめちゃくちゃ高い気がします。
inchmore 2008/04/15(Tue)02:20:32 編集
その後
すいません。Aldunieですが今日見たら売り切れてました。価格は£80(約16,000円)程度だったと思います。
inchmore 2008/04/16(Wed)21:59:55 編集
Re: Aldunie(アルダニー)
お久しぶりですね。
コメントをありがとうございます。

Aldunieに2つのバージョンがあるとは
知りませんでした。
お役に立てなく申し訳ありません。

Hazelwoodの価格は、
確かにちょっと異常ですよね。
MUNE 2008/04/22(Tue)15:38:56 編集
【プロフィール】
HN:
MUNE
HP:
性別:
男性
自己紹介:
 1990年頃、スコッチウイスキーの魅力に開眼、次第に傾斜を深めていく。1998年、ウェブサイト「M's Bar」を開設、書き溜めていたシングルモルトのテイスティングノートを公開。2005年、ウイスキー専門誌「THE Whisky World」の発足メンバーに。現在は、試飲のできるリカーショップ「M's Tasting Room」の運営に携わり、ウイスキー関連のイベントでは講師やアドバイザーなども務める。著書に『うまいウイスキーの科学』(ソフトバンククリエイティブ)など。
【ブログ内検索】
【ランキング】
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

Copyright © 1998- Muneyuki Yoshimura. All rights reserved.