エムズ・ウイスキー・ダイアリー ラフロイグ・カーディス
Whisky topics covered by M's Bar
【カレンダー】
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

cairdeas.jpgアイラ・フェスティバル向けのスペシャルボトリングについてのアナウンスが、ラフロイグ蒸留所から届いた。この限定ボトルには、『カーディス (CAIRDEAS)』という名が与えられたとのこと。“カーディス”とはゲール語で“友情”という意味で、もちろんこの蒸留所のオフィシャル会員制クラブ『フレンズ・オブ・ラフロイグ (Friends of Laphroaig)』になぞらえて命名されたものだ。ウェブサイトでは、すでに販売を始めている。

さてこのカーディスだが、価格は40ポンド(約8,000円)だという。記念ボトルにしては思いのほか安いが、その秘密はクォーター・カスクで寝かせたモルトをメインにヴァッティングしている点にあるようだ。蒸留所の説明によれば、通常のものより長く熟成させたクォーター・カスク原酒に、1989年ヴィンテージのバレル2樽の原酒が加えられているらしい。

アウトターン(総販売本数)は明かされていないが、このフォーラムサイトには12,000本だとの情報も寄せられている。もしこの情報どおりだと仮定するならば、割安感はかなり薄らぐ。1989年ヴィンテージ原酒は17年物だとのことなので、1樽あたりの分量は120リットル程度だろう。とすると、ボトル1本あたりに含まれる1989年ヴィンテージ原酒は、たった20ミリリットル程度ということになる。含有率はおよそ3%だ。

cairdeas2.jpgカーディス誕生の経緯については、マスターブレンダーのロバート・ヒックス氏の手記がオフィシャルサイトに載っている。以下はその要約だ。

「私は2004年にクォーター・カスクの製法を完成させました。もちろん、とてもよくできたウイスキーだと感じてはいましたが、その完成度にはいささかながらも不満があったのです。その1か月後、その問題はまったく解決されていなかったのですが、17年物のテイスティング中に2樽の原酒が残りの他の17年ものとは違ったキャラクターをもっていて、しかもそれがクォーター・カスクに欠けている風味を含んでいることに偶然気がついたのです。

そこで私は、クォーター・カスクの風味を完成させるためにその2樽の原酒を使わせてもらえないかと、マネージャーのジョン・キャンベル氏に掛け合いました。17年物の樽はとても高価だったため、彼は渋々でしたが最終的には了承してくれました。実際にヴァッティングする際には、正直言うと不安はありました。しかし、その結果は大成功だったのです。」

うーん、なかなかいいエピソードだ。でももし“3%”だとしたら、ちょっとなあ・・・。

なおフレンズ・オブ・ラフロイグだが、入会資格はボトルの購入者であること以外は特に問われていない。どういうことかと言うと、製品の裏ラベルにあるバー・コードの数字を入力する必要があるのだ。しかし会費は無料なので、ラフロイグ・ファンならぜひ入会しておくことをお勧めする。もちろん私も会員だ。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Mさん、こんばんは。
昨日今日と、田んぼに稲を植えてきました。俗にいう田植えというやつです。今朝は、5時過ぎには泥にまみれてました。朝起きた時点で、昨日の後遺症か、体中ギシギシと雄弁に語りかけてくれました。

日本のお米はお値段が高くて、国際的な競争力を失っていますが、最近の穀物の値段を見ると、この先、いったいどーなるんだーと思ってしまします。日本は高齢化が進んでいますが、この国の農家は、その比ではありません。食料自給率が先進国最低ラインにある中で、農地はとてつもない速さで野原と化しています。田畑は、人の手によってその形を成しています。数年放置しただけで、その復旧にはとんでもない労力を要します。

そんな不安の中で、今夜の私のグラスはジンです。キングスバリーから第2段が出たようですね。今日は、ウイスキーだとシミコミすぎる気がしたんです。

Mさん、皆さん、日々のお仕事、健康にお気を付けてほどほどに頑張ってください。ラフロイグ、明日にはクォーターカスクを買ってきて登録します。
ねい 2008/05/18(Sun)22:36:17 編集
Re: 無題
健康を気遣ってくださり、
どうもありがとうございます!
MUNE 2008/05/21(Wed)10:28:36 編集
カーディスのニューボトル
2008年秋に1,330本限定でカーディスの黒ラベル30年物が出たようですね。ポンドも値が下がっているのでチャンスかも知れません。
DrPeat 2008/11/02(Sun)10:06:29 編集
Re: カーディスのニューボトル
DrPeatさん、お久しぶりですね。
コメントをありがとうございます。

30年物のカーディスがリリースされたようですね。
円高の今は確かにチャンスかもしれません。

最近の円の高騰ぶりは凄まじいですね。
十数年前にも同じようなレートの時がありましたが、
明らかにそれ以上です。
MUNE 2008/11/06(Thu)14:16:12 編集
【プロフィール】
HN:
MUNE
HP:
性別:
男性
自己紹介:
 1990年頃、スコッチウイスキーの魅力に開眼、次第に傾斜を深めていく。1998年、ウェブサイト「M's Bar」を開設、書き溜めていたシングルモルトのテイスティングノートを公開。2005年、ウイスキー専門誌「THE Whisky World」の発足メンバーに。現在は、試飲のできるリカーショップ「M's Tasting Room」の運営に携わり、ウイスキー関連のイベントでは講師やアドバイザーなども務める。著書に『うまいウイスキーの科学』(ソフトバンククリエイティブ)など。
【ブログ内検索】
【ランキング】
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

Copyright © 1998- Muneyuki Yoshimura. All rights reserved.