エムズ・ウイスキー・ダイアリー スプリングバンク蒸留所、操業を停止!
Whisky topics covered by M's Bar
【カレンダー】
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

s_bank.jpgスプリングバンク蒸留所グレンガイル蒸留所の操業を最長2年間停止すると、先週の金曜日にJ&A・ミッチェル社が発表した。原料と燃料の価格高騰が理由だという。

この操業停止により42名のスタッフのうちの7名は、例え任意であるにせよ強制的であるにせよ職を失うことになるらしい。ミッチェル社のセールス・マーケティング部門の責任者であるケイト・ライト女史は、「このアナウンスを聞いて、スタッフは皆強いショックを受けています。ほとんどのスタッフは、10年から15年にわたってここで働いています。ですのでこの決定を、決して軽い気持ちでは受け取れませんでした。

私たちのような零細企業にとって、昨今の原料価格の高騰はあまりにも急激すぎました。もし他の蒸留所が私たちと同じような措置をとったとしても、少しもおかしなことではありません。スプリングバンク蒸留所は180年もの間どこの企業にも買収されず、独立した家族経営で運営されてきました。大事なことは、今後もそれは変わらないということです。」と、コメントしている。

またライト女史は、「スプリングバンクのウイスキーは熟成するのに最低7年を要します。そのことから考えて、操業を止めていてもビジネス的に影響が出ない最長期間は2年なのです。私たちは今後、ウイスキーをこれまでの90%の出荷量で、国内および国外の市場に出していくことができると思います。」とも述べている。

しかし、SWA(スコッチ・ウイスキー協会)のキャンベル・エヴァンス氏は、「インドや中国、南米市場の拡大しつつある需要に背を向ける、理解に苦しむ判断です。」と、この操業停止の決定に首をひねる。

またブルイックラディ蒸留所のマネージング・ディレクターであるマーク・レイニア氏も、「奇妙な人たちが下した、奇妙な判断ですね。そんなビジネスは他に見たことがありませんよ。もちろん大麦と燃料価格の高騰は、ブルイックラディ蒸留所にも打撃を与えました。しかし過去6年間、私たちは増産に増産を重ね、今年は年間700,000リットルもの生産ペースで蒸留を行なっています。それに比べ、スプリングバンクの生産量は私たちのよりはるかに少なく、年間わずかに150,000リットル程度ではありませんか。」と、厳しいコメントだ。

2006年にキルホーマン蒸留所が逆風も顧みず創業し頑張っていることを思えば、確かにスプリングバンクの判断はちょっと弱気であるようにも思える。ただ当事者である彼らの考えも、やはり尊重はすべきだろう。しばらくは動向を見守りたい。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
これは…
一大事ですね…
早速私のmixi日記でも掲載させていただきます。
E-75 2008/07/02(Wed)02:51:11 編集
> これは…
日記に取り上げてくださり、
ありがとうございます!

もしかしたら、外部からはうかがい知れない
お家事情があるのかもしれませんね。
いずれにせよ、
しばらくは見守るしかありません。
MUNE 2008/07/02(Wed)18:01:04 編集
びっくりです
ブランド力を考えれば、強気の価格設定で押し切ることも可能だとは思うんですが、某所のように(笑)
ともあれしばらく様子見ですね。私も個人ブログで掲載させていただきました。
Ekoda_KEITH URL 2008/07/03(Thu)14:11:58 編集
Re: びっくりです
クォリティ的にも
復活の兆しが見えてきた矢先だっただけに
残念なことですね。

ブログでのご紹介ありがとうございます!
MUNE 2008/07/03(Thu)15:04:36 編集
無題
現在、体調絶不調の私にこのニュースは応えました。また、寝込んじゃいそうです。スプリングバンクの現行製品を見ると、長期戦略を疑問に思う事もありましたが、この決定は・・・。
一消費者としては、待ちの姿勢しかできないのが残念です。
ねい 2008/07/03(Thu)21:42:53 編集
【プロフィール】
HN:
MUNE
HP:
性別:
男性
自己紹介:
 1990年頃、スコッチウイスキーの魅力に開眼、次第に傾斜を深めていく。1998年、ウェブサイト「M's Bar」を開設、書き溜めていたシングルモルトのテイスティングノートを公開。2005年、ウイスキー専門誌「THE Whisky World」の発足メンバーに。現在は、試飲のできるリカーショップ「M's Tasting Room」の運営に携わり、ウイスキー関連のイベントでは講師やアドバイザーなども務める。著書に『うまいウイスキーの科学』(ソフトバンククリエイティブ)など。
【ブログ内検索】
【ランキング】
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

Copyright © 1998- Muneyuki Yoshimura. All rights reserved.