エムズ・ウイスキー・ダイアリー アードビッグ???
Whisky topics covered by M's Bar
【カレンダー】
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ardbig.jpg

今年のアイラフェスティバルでお披露目された“Ardbig”ことアードベッグ・モア(Ardbeg Mór)が、1,000本限定で一般発売されるとのアナウンスが先日あった。

このアードベッグだが、とにかくでかい。重さ6.5キログラム、高さ52センチメートル、そして容量はなんと4.5リットル! 通常のフルボトルの6倍以上、そしてマグナムサイズの2.5倍強だ。度数はカスクストレングスで57.3%、価格は350ポンド(約84,000円)だとのこと。

mor.jpg蒸留所マネージャーのマイケル・ヘッズ氏は、「“Mór”はゲール語で“大きい”という意味です。大きなボトルに、たっぷり詰められたカスクストレングスのウイスキーにはぴったりの名前なのです。アードベッグの名はすでにアイラ島では有名ですが、巨大なボトルを作ることによって、更に名前を広め熱狂的なファンを増やし、そして実物の“大きな”アードベッグを楽しんでいただこうと私たちは考えているのです。」とコメントしている。

コレクターズアイテム的な要素を合わせ考えれば、価格はこんなものか。カスクストレングスのアードベッグってとても魅力的なのだが、私はコレクターでもないしこの値段じゃ現実的に買うことはありえないな。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
【プロフィール】
HN:
MUNE
HP:
性別:
男性
自己紹介:
 1990年頃、スコッチウイスキーの魅力に開眼、次第に傾斜を深めていく。1998年、ウェブサイト「M's Bar」を開設、書き溜めていたシングルモルトのテイスティングノートを公開。2005年、ウイスキー専門誌「THE Whisky World」の発足メンバーに。現在は、試飲のできるリカーショップ「M's Tasting Room」の運営に携わり、ウイスキー関連のイベントでは講師やアドバイザーなども務める。著書に『うまいウイスキーの科学』(ソフトバンククリエイティブ)など。
【ブログ内検索】
【ランキング】
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

Copyright © 1998- Muneyuki Yoshimura. All rights reserved.